古い給湯器は修理と交換どちらが良いか

温かいお湯が入ったお風呂

保証期間内であれば、無償で修理できる場合もある

古い給湯器が故障したり不具合が生じた場合には、修理と交換のどちらがよいか悩む人も多いものです。

交換と修理のどちらかを選ぶかという目安は、保証期間と給湯器の寿命が関係してきます。

給湯器の保証期間はおよそ10年程度とされていますが、比較的新しい10年分の給湯器であれば修理を選んだほうがよいでしょう。

保証期間内である場合には修理を無償で受けられるので、お金がかかることはありません。

寿命である10年を超えていれば、原則交換となる

もしも寿命を大きく超えている古い給湯器の場合は交換が多いです。

出費を抑えようと交換ではなく修理を考える人もいるかもしれませんが、これは得になる場合とそうでない場合があります。

なぜなら1か所を修理したとしても給湯器のほかの部分が劣化していることに間違いありません。

せっかく修理をして使っていても、しばらくすると次は別の部分が故障してしまう可能性が高く、このように修理を繰り返して築いたときには交換費用よりも高い金額を支払っていたという事例も多いものです。

修理より交換の方がお得な場合もある

そのため使用年数が長い場合には、修理をするよりも思いきって交換を選び、新品にしてしまった方がお得になるケースが多く見られます。

保証期間中には当然のことながら修理を選んで、保証期間を外れて8年ほどの間は故障した個所と費用対効果を考えてから依頼し、10年を大きく変えるようであれば交換を考えましょう。

特に給湯器に寿命のサインが出ている場合には、交換がおすすめです。

修理と交換で悩んだ場合

一番悩むのが保証期間を過ぎているけれども、まだ交換には早いというケースです。

このような場合には修理をしたときにかかる費用と、交換した際にかかる費用を比べてみるとよいでしょう。

1箇所の修理費用と比べたとしても、もしも修理箇所が複数になる場合には、修理費用はますます高くなります。

すでに何度か修理しているようであれば、交換がおすすめと言えるでしょう、実際に修理してもすぐに交換になってしまったケースも山ほどあり、せっかく修理したのに結局交換しなければならなくなったというのはもったいないでしょう。