ガス給湯器と石油ボイラーの違い

温かいお湯が入ったお風呂

給湯器にはいろいろと種類がありますが、ガス給湯器と石油ボイラーはどちらも燃焼させてお湯を沸かすものです。

ではそのふたつに違いはあるのかというと、使いやすさや耐久性などで違いが出てきます。

ガス給湯器とは

ガス給湯器は機器のサイズが小さくて構造もそれほど複雑ではないので、設置工事やメンテナンスが簡単です。

そして耐久性もあり一度設置すればメンテナンスもしつつ10年から15年程度は使えます。

ガスを燃焼させてお湯を沸かすときも、音が小さいので集合住宅のように隣近所がすぐ近くにあっても騒音被害をもたらすことはありません。

難があるとすれば光熱費は高くなることもあります。

石油給湯器とは

一方で石油ボイラーはというと、ガスよりもよく燃えるので火力が高くすぐにお湯が沸きます。

それはお風呂のように大量のお湯を必要とするときにはとても便利です。

また月々の光熱費ということであれば石油ボイラーのほうが安くなる傾向にあります。

ただ機器が大きく取り付けが複雑で、工事に手間がかかります。

場所によっては通行のじゃまになる可能性もあり生活が不便になるかもしれません。

耐久性がガス給湯器に比べると低く、10年以下で交換することになります。

ガス給湯器と石油ボイラーはどちらがお得?

光熱費のことを考えれば石油ボイラーのほうが有利と言えますが、その他のことを考えればガス給湯器をつかったほうがいろいろと手間がかからないことは確かです。

ただ、どちらがよいのかというのは地域によって最適なものが変わってきます。

というのも東北など雪がよく降るような寒い土地であれば、冬場の水はとても冷たくてお湯を沸かしたいというのであれば、大量の熱量が必要になります。

そこでガス給湯器を使うと、時間を掛けて沸かすことになりその分光熱費が高くなります。

石油ボイラーのように強い火力で一気に沸かすことが出来るほうが光熱費を安く抑えることが出来るのです。

逆に冬でもそれほど気温が下がらない南国であれば、それほど火力というのは必要なくなるのでガス給湯器でも大丈夫です。